ガスコンロ

全バーナーに安全センサーを装備した「Siセンサーコンロ」

Siセンサー

コンロ火災を撲滅するため、「調理油加熱防止装置」と「立ち消え安全装置」の安全センサーが全バーナー、全機種に装備されています。法律で装備が義務付けられるのは、この2つの安全センサーですが、ガスコンロメーカー各社では、消し忘れや火を消したかなどの不安を解消するため「消し忘れ消火機能」も全バーナーに装備することを決めています。

この温度センサー搭載により、より安心してガスコンロが使えるようになりました。 この温度センサーを全口搭載したガスコンロを「Siセンサーコンロ」と呼んでいます。 Siセンサーコンロの意味は、次の4つの英語の頭文字からきています。

  • Safety(安心)
  • Support(便利)
  • Smile(笑顔)
  • Intelligent(賢い)

炎の料理を愛する方へ安心・便利・笑顔の3つの英語Sの頭文字と、賢いiセンサーを全口に搭載し、より安心、便利にお使いいただけるようになったコンロがSiセンサーコンロなのです。

標準装備される安全センサーの内容

●調理油加熱防止装置調理油加熱防止装置
センサーが鍋底の温度を感知し、約250℃になると自動的に消化して油の発火を防ぎます。
●立ち消え安全装置立ち消え安全装置
煮こぼれや吹きこぼれ、強風などで火が消えた時、自動的にガスを止めます。
●コンロ消し忘れ消化機能(グリル含む)コンロ消し忘れ消化機能
消し忘れても、点火後、一定時間が経過した時点で自動消火します。

その他の安心・便利な機能

●焦げ付き防止焦げ付き防止
お鍋の焦げ付きなどを感知してくれて自動的にガスコンロの火を消してくれますので、煮込み料理などの焦げ付きを防いでくれます。じっくりと煮込む料理をされていましても、安心してご使用できます。
●揚げ物温度調整機能揚げ物温度調整機能
揚げ物に便利な温度調節機能がついていますので、設定した温度を常にキープしてくれますので、お料理の腕も上がります。とんかつ・天ぷらなどの揚げ物や卵焼きまできれいに焼くことができます。
●炊飯機能炊飯機能
おかゆ・ごはんのボタンを押すだけで、約20分くらいで美味しいガス炊きのご飯を炊くことができます。
●湯沸機能湯沸機能
湯沸ボタンを押すだけで、お湯を沸かしてくれて沸騰するとブザーでお知らせしてくれ、自動で弱火になり設定時間後に自動消火してくれます。
●オートグリル機能オートグリル機能
機種によっては、自動的に魚を焼いてくれる機能がついたものがあります。焼時間と火加減を自動的にコンロールしてくれますので、焼き加減を確認する手間もなく美味しくこんがりした魚を焼いてくれます。

詳細についてはガス器具メーカーのホームページで

上に戻る