ガス料金について

LPガスは自由料金

LPガス料金は、一律と思っていらっしゃる方も少なくありませんが、一般公共料金と違い、各販売店によって自由に価格を決めることができます。

二部料金制が普及

液石法改正により、料金制度の透明性を向上させるため、料金の構成やそれに含まれるサービスの内容を、消費者にわかりやすく示すことが新たに義務づけられました。

料金制には、二部料金制、三部料金制、最低責任使用料金制などがあり、現在は、二部料金制と三部料金制が主流となっています。

2部料金制とは?

2部料金制とは、基本料金(固定料金)と従量料金(変動料金)の2つ(2部)から構成される料金形態のことです。

2部料金制とは?

基本料金 容器やメーター等、ガスを供給するための供給設備、保安や検針にかかる費用、事務費などを含む固定された料金です。
ガスの消費量の多少に関係なく発生する費用です。
従量料金 LPガス代、配送等の費用で、ガス消費量に応じてお客さまにご負担いただく料金です。
使用量区分別に1m3当りの単価を設定しています。LPガスの使用量が0のときは発生しません。
LPガス原料価格や為替相場の影響等により仕入れ価格が変動します。そのため、お客様のお渡しする価格も変動します。
弊社では2ヵ月毎に単価の見直しを行っており、原材料販売価格が変動する場合があります。(原料調整費)

無償配管について

無償配管とは?

今のガス会社はどのように決まっていましたか?

・新築時にすでにガスボンベがあった。
・ガス販売店を知らないので、工務店に紹介してもらった。
・自分の知っているガス販売店にしようとしたら、工務店に断られた。
・リフォーム時に、工務店からガス販売店を変えるように勧められた。

思い当たることはありませんか?
ご新規のお客様の獲得に、一般のガス販売店は工務店やハウスメーカーに営業活動をし、新規のお客様を獲得する場合が多いです。
ご新築を購入された時に、どこのガス販売店を決める事もなく、勝手にガス販売店が決まっていたのはこの為です。(お客様がお好きなガス販売店を指名されれば、殆どはそのガス販売店を選択できます。)

しかし工務店あっせんのガス販売店の場合、お客様にはガス代が高くなってしまう場合があります。
その理由とは・・・。

工務店が勧めるガス販売店だと、なぜガス代が高くなるの?

LPガス業界も他社との競争の激化で、新規のお客様を獲得するのには非常に苦労します。そこで、ガス販売店は工務店に営業をする時に、お客様を紹介してもらう代わりにガス配管工事代やガス器具代金(1軒で約10~30万円)を無償で工務店に提供するガス販売店が多いのです。

これを業界では無償配管と言います。

もちろん無償と言いましても、ガス販売店が肩代わりしていますので、その投資したお金はどこかで取り戻さなければなりません。そこで、毎月のお客様が支払われるガス代に上乗せされる事になり、ガス代が高くなってしまうのです。
またこの場合、ガス設備の償却期間が過ぎた場合でも高いガス代金のままであることがほとんどです。
さらに、ガス代金が高いため他のガス販売店に替わろうとした場合、配管や設備料金の残存金額を請求される場合があります。

これは、実際には「タダ」ではなかったということになります。
灯油ボイラーを購入する時に、灯油の供給先が無償で提供をしてくれてましたか?
電気温水器・エコキュートを購入する時に、電力会社が無償で提供をしてくれましたか?

弊社の取り組み

弊社は、無償配管をしません。

弊社ではお客様から弊社を指名または紹介して頂く事によって、ご新規のお客様を獲得しておりますので、無償配管のような料金の不透明化になるようなことは一切行わず、他社が投資する経費やガス配送の外部委託経費を、自社配送でのコスト削減でガス代の値下げや保安の為の経費に向け、お客様の安心・安全な供給体制をとっています。

一般社会の常識から考えると当たり前のことだと考えているからなのです。

他社では、ほとんどのところでガス配送を外部に委託しておりますが、当社ではできるだけお客様へ自社で配送し、配送コストを下げることで、お客様のガス料金が安くご利用頂けるように努力しております。
もちろん、安さだけではなくより安全にガスをご利用いただくため、自社で保安機関の認定を受け、自主保安活動を積極的に推進しております。
それらの自主保安活動が認められ、滋賀県知事の認定販売事業者の認定を受け、また経済産業省の保安優良液化石油ガス販売事業者表彰を受賞しております。

これからも、日々お客様の安心・安全のために努力して参ります。

上に戻る